難しい、格好いいヨガ 辞めました。

 

時代はここ数年で大きく変わったんだなぁと思います。

 

政治、経済、マスメディアなどなど難しい事が全く苦手な私なので、この時代の変化基準は単に自分の体感判断ですが。

 

こうしなくっちゃ!

こうあるべき!

こうでなくっちゃ!

 

っていう世の中じゃなくなったのだなぁと思います。

 

私はヨガも瞑想も、去年までは「基本」を大事に「型」を大事にした方がやっぱり良いんだろうなぁって感じながらやってました。(今思えばそれも幻想で、自分で自分の首を締めていました。思考ってやっぱり重たいよね。)

 

でもそれがこの数年だんだんと出来なくなってきましたもん。もう自分の心に反する事が出来なくなってきたのをこの3年くらいでいっぱい感じてました。

 

気の合わない人とは会えなくなったし

向いてない仕事には自分が全く機能しないし

やりたくない時には体が動かなかったり

 

だからヨガや瞑想だけじゃなくって、生活全般がそうでした。

 

 

もう出来ない事とか全部手放して(出来なさすぎるから諦めて)

出来る事だけ取り組むようになり(仕方ないから出来ることを見つけてはやってみる)

 

そのうち出来るけどやりたくない事も手放すようになり

 

やりたい事が明らかになって

その中から出来そうなことには取り組んで見るようになり

 

その後さらに、やりたいけど出来そうにないなぁって事、それも少しずつ取り組んでみようかなぁって恐る恐るでも始めてみたり

 

それがYouTubeだったし、このブログもインスタグラムもそうです。

 

 

ヨガと瞑想の話をすると、アーサナっていうポーズを上手になろうと頑張る事や、30分とか1時間だまーって座って無で居られるように集中する事が1番大事だって思えないんです。それが出来たら格好いいなぁっては思うけど。

 

やってみたし、自分なりに頑張ってもみたし。

 

でも出来なかったの。

無理すれば出来るレベルのものもあったけど、もう無理自体が出来ないのです。自分が可愛そう過ぎて無理を課せられない身体になってきた。

 

そもそもティーチャートレーニングだってもう10年前とかになるけど、正直全然落ちこぼれでした。40日間続けなきゃいけない朝の修行が続けられないし、デトックスも続けらんないし。

 

それでもヨガも瞑想も好きです。

だけど、教本に載ってるやり方では出来ないんだけど、でも自分が心地よいって思えるやり方でのヨガと瞑想は大好きです。

 

それで私は心や体を整えていて、自分の心地いいにフォーカスしたやり方だからこそ私は私の三位一体を体現出来ているって思ってます。(心と体と魂を統合する事)

 

だったら、生徒さんたちにもそれをお伝え出来ないかなぁって、ずーっと考えながらレッスンをしてきました。

 

そして徐々に難しい、格好いいヨガも瞑想も手放して、自分自身と真正面から向き合ったら、こんなヨガや瞑想になりました。

 

そしてね、YouTubeっていう媒体が実に良い!私がやっている整える方法って、伝えたくてもトークテクが足りなくて伝えられないので、YouTubeを観てくれた人が何かを感じてくれれば最高です。

 

 

人それぞれの心地いいがあるから、もっとたくさんの人が自由に生きていけばいいと思うし、ヨガでも瞑想でも何でも自分の好きな事を自由に生活に取り入れていけたらいいのになぁって思います。

 

 

そんな時代になったよね。

もう苦労なんていらないよね。

 

私たちは幸せをずーっと感じて幸せだけでいていいよね。